ファストライト社 (Fastlite) 多重オクターブスペクトラムアナライザー Mozza

多重オクターブスペクトラムアナライザー Mozza

多重オクターブスペクトラムアナライザー Mozza
数HzからマルチkHzまでのパルス化された赤外光源に最適

Mozza製品は、操作が容易なターンキー型・波長スキャニング分光器で、パルス化された赤外光源のスペクトル測定に最適です。繰り返し周波数は、下記のように数HzからマルチkHzまで対応します。

  • フェムト秒発振器【イッテルビウム(Yb)、ツリウム(Tm)、クロム(Cr)など】
  • フェムト秒パルスのOPA(シグナル光出力・アイドラー光出力・差周波発生時の出力)
  • 超広帯域パルスのOPCPA
主な特長
Mozzaにより計測された フェムト秒パルスOPAのによるシグナル光出力・アイドラー光出力・差周波発生時の出力
(スイスにあるポール・シェラー研究所(PSI)所属のChristoph Hauri研究員グループのご厚意により提供)
  • 1 ~ 5μmの波長範囲のスペクトル検出を一度の設定で実現
  • データをリアルタイムに表示
  • 優れた安定性、稼働部品なし
  • レーザーにおけるエネルギー変動の影響を受けにくい
  • ダイナミックレンジ:40dBまで
  • 高度な検出モード(数値的なロックイン検出など)
仕様
MOZZA 1 – 5
スペクトル領域 1 ~ 5μm(2000 ~ 10000cm-1
スキャン速度 レーザー繰り返し周波数25kHzまで
スペクトル分解能 5cm-1
感度 位置分解能ごとに0.5pJまで(下記の感度曲線を参照)
ダイナミックレンジ 40dBまで
検出帯域幅 ゲイン設定に応じて50/200kHz
機械仕様
典型的なキャリブレーション 及び 特性のデータ
Mozza1-5で計測した感度曲線
水蒸気の吸収線
赤:理論的に取得(HITRANデータベースに基づくシミュレーションによって)/青:実験的に取得
レーザー条件
入力パルス

・偏光方向 直線・垂直
・ビームの高さ 38.1mm(1.5インチ)まで調整可能
・入力ビーム 入射スリットに集光、平行光

トリガー信号

TTL

PCのシステム要件(対応OS)

・Windows 7
・USB2.0ポート 1系統
・メモリ:1GBのRAM

カタログ
FASTLITE社 多重オクターブスペクトラムアナライザー Mozza
英文
和文

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGETOP