HeNeレーザー応用

HeNeレーザーは1960 年にBell 研究所のJavan、Bennet 及びHerriott の三人により開発された。当時のHeNe レーザーの発振波長は1152nm だったが、1962 年にWhite とRigden により632.8nm の赤色発振への遷移が達成されてからはこの波長が最も一般的である。他の発振線にはグリーン(543.5nm)、イエロー(594.1nm)、オレンジ(612.0nm)、近赤外(1523nm、3391nm) がある。出力は~50mW 程度だが、レーザービームはガウス分布に近く、波長が長期にわたり極めて安定していることから、干渉計計測、レーザー顕微鏡などに用いられている。

取扱製品ラインアップ
PAGETOP