サイクル(Cycle) タイミング分配システム PULSE

製品カテゴリ

タイミング分配システム PULSE

PULSE タイミング分配システム (TDS) により、遠隔地へのタイミング信号のサブフェムト秒配信が可能になります。
これは、モードロックレーザー (つまり、optical master oscillator、略して OMO) の本質的に低ノイズの
パルス列を利用し、光またはRFクロックを参照できるタイミング信号として使用します。
慎重に選択された OMO タイミング信号は、光ファイバー タイミング リンクを通じて複数のエンド ステーションに転送され、そこで Cycle の特許取得済みのバランス光クロスコリレータ (BOC) を使用して伝送遅延がアト秒の分解能で検出され、アクティブに補償されます。
安定化されたファイバーリンクの出力では、超高速レーザーまたはマイクロ波源のいずれかを出力、つまり OMO タイミング信号と厳密に同期させることができます。
これは、Cycle の特許取得済みの TCBOC (2波長バランス光クロスコリレータ) または BOMPD を使用して実行できます。(バランス光マイクロ波位相検出器、RF光同期用)
当然のことながら、PULSE にはプロセス全体を完全に自動化し、すべての重要なシステム パフォーマンス データをログに記録する独自の制御システムがあり、24 時間 365 日、ボタンをクリックするだけでサブフェムト秒のタイミング配信と同期を提供します。

タイミング分配システム PULSE
カタログダウンロード:
サイクル(Cycle)タイミング分配システム PULSE
英文
和文
index
主な特長
  • タイミングジッタ:<5fs RMS
  • ファイバーリンク長(最大):10km

レーザーについて他に必要な情報がございましたら、弊社へお問い合わせください。
経験豊富なレーザー専門の技術者が、お客様のご要望に応じた最適なレーザー製品をご提案させていただきます。
また弊社ではお客様のレーザー仕様に基づいたカスタマイズ設計も承っております。

暫定的な各パラメーター仕様 レーザー詳細 備考
タイミングジッタ <5fs RMS 35μHz~1MHzの帯域幅内、2つの安定化ファイバーリンク間
ファイバーリンク長 10km ご要望に応じて長いリンクも利用可能
PULSE TDS プラットフォームごとのファイバーリンク 8 複数のプラットフォームを組み合わせることで、任意の数のリンクに拡張可能
ファイバーの種類 偏光保持ファイバー ご要望に応じてSMも利用可能
クライアントあたりの出力 >10mW 各ファイバー端で利用可能な平均出力
光の波長 1550±50nm パルスモードで動作
パルス繰り返し率 <500MHz 対象周波数に応じて設定
寸法 1.5×0.8×0.3m3  
重量 270kg  
制御システム用ラック 搭載 温度管理済み
内蔵フィードバック 搭載 最適化されたPID制御のパラメータ
制御システムインターフェイス 搭載 Epics, Tangoなどのインターフェイスが利用可能、または必要に応じてカスタマイズ可能
自動ロック 搭載  

上記以外の仕様に関するご質問については、弊社へお問い合わせください。

アプリケーション
  • センシング (光の検知 ・ 感知)
  • 分光法
  • 半導体素子の欠陥検査
  • 光パラメトリック発振器/光パラメトリック発振器用の励起光源
  • 微細加工(シリコン加工など)
本製品に関するお問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

pagetop