08NLDM785(ESP)
785nmラマンでの弱点を改善
スペクトル純度:>60dB(0.3nm以内)

2020年 03月09日

ラマン用785nm レーザー
08 NLDM 785nm ESP(スペクトル純度がさらに向上)

Cobolt社の08-01シリーズの新製品としてスペクトル純度がさらに向上したラマン用785nmレーザー「08-NLDM 785nm ESP」を紹介します。
「08-NLDM 785nm ESP」は高分解能ラマン分光に適した405nm~1064nmの波長領域に対応した小型・高性能・単一周波数・狭線幅レーザー08-01シリーズを補完するものです。

スペクトル純度が高いということは、低周波ラマンのアプリケーションで特に要求される仕様であり、主ピーク(スペクトル強度が一番高いピーク)に対してサイドモード(2番目に高いピーク)をどれだけ抑圧できているか(SMSR)、また、サイドモード抑制比がどれだけ小さいかを示します。特許出願中の光学設計によりラマン用785nm レーザーのスペクトル純度は主ピークから0.3nm範囲において>60dBです。発振ビームは横モードマルチで出力は400ミリワット、単体の小型筐体に電子部品を完全に一体化したレーザーです。

コボルト社(Cobolt)小型狭線幅レーザー 08シリーズはこちら

【お問い合わせ窓口】

プネウム株式会社
電話:048-985-2720
受付時間:平日9時〜18時(土日祝日を除く)

PAGETOP