レーザーカンタム社 (Laser Quantum) 固体DPSSレーザー Opus

Opus 高出力コンパクトレーザー

Opus 高出力コンパクトレーザー

Laser Quantum社の最も人気が高いレーザーの一つであるopusは532nm, 660nm, 1064nmでご利用いただけます。Laser Quantum社の特許取得済みのデザインに基づいて、opusはその高出力、優れたビーム特性および小型サイズで知られています。opus532は理想的なポンプ光源としてウルトラファースト・レーザーに適しており、opus532とopus660の両方が超解像顕微鏡-アプリケーションに最適です。

opus1064は、光-トラップ法のための強力な選択肢となります。
opusレーザーのダイオードMTTF(平均故障時間)は、100,000時間を超えており、研究所での使用や装置への組み込み使用にかかわらず、長い動作寿命を保証しております。

レーザーキャビティのデザインによって起こり得る発振モードの数が制限され、opus特有の低ノイズレベルを実現しております。opus532は、高度にコンパクトで頑丈なモノブロック設計を誇り、0.08%未満のレベル(図1&2)で、最もノイズに敏感なチタン・サファイア・ポンピング・アプリケーションでもご利用いただけます。opus1064は最も高い赤外範囲出力レベルに加えて必要な安定性とビーム仕様を誇り、光ピンセットと光トラッピング用アプリケーションでご利用いただけます。またopus660は市場販売品の中で最大の出力を持つ660nm DPSSレーザーです。

主な特長
  • 532nm 6Wまで
  • 660nm 1.5Wまで
  • 1064nm 10Wまで
  • 非常に堅牢でコンパクト
  • 要求が厳しいアプリケーションに対応できる低ノイズ性能
図1. 典型的なopus532ノイズ出力カーブで、利用可能な出力範囲に亘って低いノイズ性能を示しています。
図2. 典型的なopus532ノイズ(赤)と出力安定性(青)のテスト結果であり、ノイズ性能は仕様を遥かに下回り、非常に安定した出力が80時間超に亘って維持されています。

光ファイバー出射:Laser Quantum社レーザーの大部分と同様に、opusはマルチモードあるいはシングルモードファイバー出射オプションで利用可能であり、必要な場所にビームを照射することができます。

opusレーザー商品群はインテリジェントなコントロールユニットを優れた特徴としており、容易な設定とレーザーパラメータのモニタリングが可能です。PowerLoQ技術と相まって、opusレーザーは長い使用期間(図2)にわたって卓越した出力安定性を示します。

opusは、RemoteAppソフトウェアを介してインターネットで制御することができ、Laser Quantum社サポートチームとの連絡を可能にし、レーザーの性能をモニターしたり、レーザーの診断や最適化を行うことができます。

すべてのopusレーザーは1200g落下テストを課されており、すべての筐体が正確に製造されていることを確認してから、300時間点灯テストに入ります。この厳しい検査体制が長い動作寿命を保証します。

仕様
  • 532nm
  • 660nm
  • 1064nm
  • Opus 532
    波長 532nm
    出力 6W
    ビーム径1 1.85mm ± 0.2mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.5
    バンド幅 45 ± 10GHz
    ビーム拡がり角 <0.5mrad
    M2 < 1.1
    出力安定度(RMS)2 ≤0.20%
    ノイズ(RMS) ≤0.08%
    ノイズ帯域 10Hz ~ 100MHz
    ビーム位置安定度 <2urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向3 水平
    コヒーレント長 0.7cm
    ビーム角4 <1mrad
    動作温度 15 ~ 40℃
  • Opus 660
    波長 660nm
    出力 1.5W
    ビーム径1 0.85mm ± 0.2mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.5
    バンド幅 30GHz
    ビーム拡がり角 <1.5mrad
    M2 < 1.2
    出力安定度(RMS)2 <1%
    ノイズ(RMS) <0.6%
    ノイズ帯域 10Hz ~ 50kHz
    ビーム位置安定度 <10urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向3 水平
    コヒーレント長 ~1cm
    ビーム角4 <1mrad
    動作温度 10 ~ 40℃
  • Opus 1064
    波長 1064nm
    出力 4W ~ 10W
    ビーム径1 1.85mm ± 0.2mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.2
    バンド幅 80GHz
    ビーム拡がり角 <0.6mrad
    M2 < 1.5
    出力安定度(RMS)2 <1.0%
    ノイズ(RMS) <0.15%
    ノイズ帯域 10Hz ~ 100MHz
    ビーム位置安定度 <10urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向3 水平
    コヒーレント長 ~4mm
    ビーム角4 <1mrad
    動作温度 15 ~ 40℃

Laser Quantum社は、プログラムの改善を継続して行っており、通知なしで仕様が改善されることがあります。
1 ビーム径は、指定された出力で出射口から20cmで計測される1/e2でのビーム径の平均と定義される
2 動作温度範囲内で20時間超の測定値
3 縦偏光も要望により対応
4 ヘッドの固定方向に応じての許容値

機械仕様
他の情報
  • 接続ケーブル長:1.5m
  • レーザーヘッドの重量:1.5kg
  • 縦偏光指定可能
  • 冷却オプションも可能
  • 出力変調も指定可能
  • 光ファイバー出射も可能
  • LabViewドライバも可能
  • 2年間の保証
カタログ
Laser Quantum社 Opus
英文
和文
アプリケーション
  • ラマン分光
  • セルソーター
  • PIV
  • 光学ピンセット
  • THz励起
  • Ti/Dye励起
  • Ti:S励起

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGETOP