固体DPSSレーザー Finesse レーザーカンタム社 (Laser Quantum)

Finesse 超低ノイズCW 532nmレーザー

Finesse 超低ノイズCW 532nmレーザー

ノーベル賞受賞者から信頼され、世界中の研究開発分野で採用され、finesseは16Wまで利用可能な業界をリードする 532nm CWレーザーです。特徴としては、0.02%未満のmsノイズ(図1)とCEP(Carrier envelope phase)フィードバックループがあり、f-to-2f干渉計のエラーシグナルを使って直接 532nm 出力を変調することができます。ウルトラファースト・レーザー業界、半導体業界、防衛産業で広く利用されているfinesseファミリーはとてもコンパクトで極めて頑丈であり、そしてその高い効率により最小の冷却で稼働します。
ほとんどのチタン・サファイア・ポンピング・アプリケーションに於いて、チタン・サファイアチラーからの冷却水ではfinesseレーザーヘッドを冷やすのに十二分の量があります。

finesseレーザーには3つのバージョンがあります。標準的なモデルはrmsノイズ < 0.1% です。
ノイズに影響を受けやすいアプリケーション用としfinesse pureがあり、rmsノイズは <0.02% を誇り、そしてCEPと周波数コム・アプリケーション用として、finesse pure CEP(特許申請中)はCEPLoQ™を特徴とし、532nmの振幅を変調することで700kHzまでの90度を超える相挙動を伴いながらdc-1MHzの範囲をカバーし、音響光学モジュレーター(AOM)(図2)を必要としていません。AOMをCEPチタンサファイア発信器から取り除くことで、システムの複雑さが減少するという更なる利点が得られ、結果的にアライメントが取りやすくなり、環境変化からの影響も受けにくくなり、外部効果によるノイズも低減し、システム全体の安定性も向上します。

主な特長
  • CW 532nmレーザー
  • pure™技術により<0.02%の低ノイズを達成
  • CEP安定化のためのCEPLoQ™フィードバック
  • インターネット接続による最適化
  • フィールド交換可能なダイオード
図1. finesse pureレーザーの典型的な出力とノイズの安定性
出力安定度(青)<0.05%とノイズ(赤)~0.01%
70時間に亘って確認
図2. finesse pure CEPにはAOMが不要であり、より単純な設定デザインとより低い統合CEP位相ノイズを提供します。

finesseレーザー製品群は、インテリジェントな出力コントローラー内に設置される励起ダイオードの恩恵に与れます。この設計思想によって熱マネージメントが可能となるだけではなく、現場のエンジニアによる交換も可能となります。

直接的にポンプ出力を変調することでAOMを必要とせずに位相安定を維持できるCEPLoQ™技術。この技術により、従来の手法より速く、且つ安定した応答が可能です。

finesseレーザーは、インテリジェントなコントロールユニットを優れた特徴としており、容易な設定とレーザー・パラメータのモニタリングが可能です。
PowerLoQ™技術と相まって、finesseレーザーは長い使用期間にわたって卓越した出力安定性<0.1%rmsを示します。

finesseは、RemoteApp™ソフトウェアを介してインターネットで制御することができ、レーザーの性能をモニターしたり、Laser Quantum社サポートチームとの連絡を可能にしたり、レーザーの診断や最適化を行うことができます。

すべてのfinesseレーザーは1200g落下テストを課されており、すべての筐体が正確に製造されていることを確認してから、300時間の点灯テストに入ります。この厳しい検査体制が長い動作寿命を保証します。

仕様
  • finesse
  • finesse pure
  • finesse pure CEP
  • finesse
    波長 532nm
    出力 4,000mW ~ 16,000mW
    ビーム径1 2.25mm ± 0.25mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.15
    バンド幅 50GHz
    ビーム拡がり角 <0.4mrad
    変調深度 N/A
    変調バンド幅 N/A
    相挙動 N/A
    M2 < 1.1
    出力安定度(RMS)2 <0.10%
    ノイズ(RMS)3 <0.10%
    ノイズ帯域 10Hz ~ 100MHz
    ビーム位置安定度 <2urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向4 水平
    コヒーレント長 6mm
    ビーム角5 <1mrad
    動作温度 20 ~ 40℃
  • finesse pure
    波長 532nm
    出力 4,000mW ~ 16,000mW
    ビーム径1 2.25mm ± 0.25mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.15
    バンド幅 50GHz
    ビーム拡がり角 <0.4mrad
    変調深度 N/A
    変調バンド幅 N/A
    相挙動 N/A
    M2 < 1.1
    出力安定度(RMS)2 <0.100%(<10W)<0.050%(10W+)
    ノイズ(RMS)3 <0.030%(<10W)<0.020%(10W+)
    ノイズ帯域 10Hz ~ 100MHz
    ビーム位置安定度 <2urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向4 水平
    コヒーレント長 6mm
    ビーム角5 <1mrad
    動作温度 20 ~ 40℃
  • finesse pure CEP
    波長 532nm
    出力 4,000mW ~ 16,000mW
    ビーム径1 2.25mm ± 0.25mm
    空間モード TEM00
    真円度 <1:1.15
    バンド幅 50GHz
    ビーム拡がり角 <0.4mrad
    変調深度 ±1%
    変調バンド幅 < 1MHz
    相挙動 ~90°(750kHz)
    M2 < 1.1
    出力安定度(RMS)2 <0.100%(<10W)<0.050%(10W+)
    ノイズ(RMS)3 <0.030%(<10W)<0.020%(10W+)
    ノイズ帯域 10Hz ~ 100MHz
    ビーム位置安定度 <2urad/℃
    偏光比 >100:1
    偏光方向4 水平
    コヒーレント長 6mm
    ビーム角5 <1mrad
    動作温度 20 ~ 40℃

Laser Quantum社は、プログラムの改善を継続して行っており、通知なしで仕様が改善されることがあります
1 ビーム径は、指定された出力で出射口から20cmで計測される1/e2でのビーム径の平均と定義される
2 一定の温度での持続時間>100時間テスト
3 指定された出力での計測
4 ご要望に応じ、外部波長板付きの縦偏光も利用可能
5 ヘッドの固定方向に応じての許容値

機械仕様
他の情報
  • 接続ケーブル長:2m
  • レーザーヘッドの重量:3kg
  • 縦偏光も指定可能
  • どのメーカーのTi:Sapp発振器のポンピングも可能
  • 光ファイバー出射も可能
  • LabViewドライバも可能
  • 科学分野のユーザーに5年/15,000時間の保証
カタログ
Laser Quantum社 Finesse
英文
和文
アプリケーション
Ti:sapphire励起光源の実例




フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGETOP