第125号 直線偏光偏波面保存ファイバーの偏光状態を自由に設定できる偏光アナライザー Schafter+Kirchhoff社(ドイツ)社製

2022年 01月12日

(このメルマガは2022/01/12に配信されたものです。)

●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●
直線偏光偏波面保存ファイバーの偏光状態を自由に設定できる偏光アナライザ
ー Schafter+Kirchhoff社(ドイツ)社製

プネウム株式会社

https://www.pneum.co.jp/note/polarizationanalyzer/
●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●

——————————————————————–
このメールは以前当社に資料を請求して頂いた方や、展示会で当社ブースへ
お越し頂いた方にお送りしております。
今後メールが不要な方は、お手数ですが文末より解除をお願い致します。
——————————————————————–

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
直線偏光偏波面保存ファイバーの偏光状態を自由に設定できる偏光アナライザー 
Schafter+Kirchhoff社(ドイツ)社製
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

偏光状態は多くの光学計測技術において重要な意味を持ちます。正確な計測と
同様、偏光の定義づけた調整と設定はより高度な計測にとって重要です。

偏光アナライザーは、自由空間アプリケーションでの定義づけた偏光状態の
設定はもちろん、偏波面保存ファイバーへの直線偏光光の正確なカプリング用
に開発されました。USB 経由での通信と電源供給を備えた小型設計により既存
の設定への容易な組込が可能となり、遠隔計測装置として使用したり産業
ルーチンに永続的に組み込むこともできます。

特長
(1)偏光アナライザーSK010PA は、クラス最小の計測装置の1つです。
時間がかかる光軸調整作業を、自由空間ビームとファイバー光学部品アプリ
ケーション用に効率的に完了できます。

(2)特別なルーチンで直線偏光光を偏波面保存ファイバーに正確に導入する
ことができます。偏光状態をポアンカレ球上で継続的に更新し表示します。

(3)DOPの表示と偏光消光比に加えて、偏光状態と計測終了のグラフィック
表示によって光軸調整過程を迅速かつ効率的に完了することができます。
偏光アナライザーを用いて定義された偏光状態を自由空間アプリケーション、
例えば Schafter+Kirchhoff 社製のλ/4 板内蔵のファイバーコリメーターなどに
導入することができます。

(4)偏光アナライザーは USB 経由で通信と電源確保を行います。様々な
バージョンで波長範囲 370-1660nm に対応します。梱包内容には、マイクロ
ベンチシステムと共用できる偏光アナライザーと FC-APC コネクター用のフ
ァイバーアダプターが含まれます。DLL(DynamicLink Library) ランタイム
ライブラリによって、さまざまなグラフィック表示とルーチンの利点を失う
ことなく偏光アナライザーを顧客独自の計測ルーチンとソフトウェアに組み
込むことができます。
https://www.pneum.co.jp/note/polarizationanalyzer/

製品に関する詳細はカタログでご確認いただくか、当社までお問合わせ
ください。

**********************************************************************

Schäfter+Kirchhoff社製品全般の紹介ページ
https://www.pneum.co.jp/products/maker/schafter-kirchhoff/

今後ともプネウム株式会社をよろしくお願い致します。

PAGETOP