第123号 STORM法により広視野での超解像イメージングを実現!

2021年 10月26日

(このメルマガは2021/10/26に配信されたものです。)

●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●
STORM法により広視野での超解像イメージングを実現!

プネウム株式会社

https://www.pneum.co.jp/note/storm-made-easy/
●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●

——————————————————————–
このメールは以前当社に資料を請求して頂いた方や、展示会で当社ブースへ
お越し頂いた方にお送りしております。
今後メールが不要な方は、お手数ですが文末より解除をお願い致します。
——————————————————————–

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
STORM法により広視野での超解像イメージングを実現!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

今回のメルマガは、「STORM(Stochastic Optical Reconstruction 

Microscopy:確率的光学再構築顕微鏡法)」についてです。一度にすべての

蛍光分子を励起するのではなく、専用の試薬を用いて非常に弱い光で、蛍光

分子をばらばらに、重複しないように活性化します。これに強い励起光を照射

して蛍光画像を撮像し、分子ごとの2D位置情報をナノスケールの高精度で取得

する方法です。


**********************************************************************

単一分子観察に基づく分子レベルでの解析を特徴とするPALM(Photoactivated
Localization Microscopy:光活性化局在性顕微鏡法)1,2、PAINT(Point
Accumulation for Imaging in Nanoscale Topography:ナノスケール構造の画像
観察のための点集積法)3、STORM(Stochastic Optical Reconstruction
Microscopy:確率的光学再構築顕微鏡法)4,5などに代表される単一分子局在化
顕微鏡法(SMLM)は、ナノレベルでの生体イメージングには欠かせないツールと
して注目を集めている。これらのイメージング法は、約10 nmの空間分解能で
ぼやっとした低分解能の画像を「疑似」的に「等方性」をもたせて高分解能に
変換し、蛍光分子の共局在構造を高精度で捉えることができる6。しかしながら、
単一分子局在化顕微鏡法(SMLM)は、波長やナノスケール観察の際に発生する
色収差の影響を受けやすい蛍光スイッチング特性(光刺激による蛍光のON ↔
OFF)に依存しており7、これまでのシンプルな蛍光色素では、単一分子局在化
顕微鏡法(SMLM)によるマルチカラーイメージングは困難であった。これまで、
マルチカラーイメージングには、励起波長の異なる複数のレーザー光源を用いて
蛍光標識した細胞を連続的に撮影していた。しかしこれでは、波長ごとに焦点
距離が異なるため、各蛍光分子の記録時における光軸上の結像位置にずれ(ドリ
フト)が生じ、画像がぼやけてしまう。
しかし近年、マルチカラーイメージングに関する研究が活発に進められ、複数の
蛍光色素の励起をたった1台の遠赤色励起レーザー光源で行う画期的な観察手法が
実証された。本研究では、上述した問題を克服するため、1台のレーザーをファイ
バーカップリングにてマルチカラーイメージング(多重染色)専用の顕微鏡に
導入し、スペクトラルアンミキシング法による蛍光イメージングを行った。そし
て、容易な操作性、高速且つ高信頼性の出力データの取得を実現するツールとし
て、ナノスケール観察ができる3次元マルチカラーイメージングを構築した。

著者: Valentina Caorsi,  Håkan Karlsson

************************************************************************

詳しくは以下のアプリケーションノートを御覧ください。
https://www.pneum.co.jp/note/storm-made-easy/#{TAB}

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
スウェーデン Cobolt社製 Rogue  640nm/1W  高出力CW DPSSレーザー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 Cobolt RogueTM シリーズレーザーは特定の波長で稼働するCWダイオード励起
レーザーです。レーザーは小型密封筐体として特許取得済の HTCure- 超堅牢
製造技術 -にて製造されております。

Cobolt社製05-01シリーズ単一波長レーザーへの補完物として、Cobolt RogueTM
シリーズレーザーはより高い光出力と<150 GHzのスペクトル幅を有します。
レーザーは広範囲の操作条件下で安定した特性で、非常に高いビーム品質と、
高信頼性が保証されるよう設計・生産されています。

Cobolt RogueTMシリーズレーザーは、研究所環境でのスタンドアローン使用や、
蛍光顕微鏡学、フローサイトメトリー、DNAシーケンサーおよび高含有分析
などのアプリケーション用装置としてのOEMコンポーネントへの組み込みを
意図しております。

<主な特徴>
 ・発振波長:    640nm
  ・出力:      1W
  ・スペクトル幅:  <150GHz (200 pm)
  ・ビーム径:    700±50μm
 ・空間モード:    TEM00 (M2<1.1)
 ・ビーム拡がり角:  <1.4mrad 
 ・出力安定度(RMS): <2% 
  ・ノイズ, 20Hz–20MHz(rms): <0.5%

https://www.pneum.co.jp/product/cobolt-rogue/

今後ともプネウム株式会社をよろしくお願い致します。

PAGETOP