第107号 2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン)開催のお知らせ

2020年 10月08日

(このメルマガは2020/09/09に配信されたものです。)

●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●

2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン)開催のお知らせ
プネウム株式会社

https://meeting.jsap.or.jp/

●━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━●

——————————————————————–
このメールは以前当社に資料を請求して頂いた方や、展示会で当社ブースへ
お越し頂いた方にお送りしております。
今後メールが不要な方は、お手数ですが文末より解除をお願い致します。
——————————————————————–

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

2020年 第81回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン)開催のお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

本年初頭から世界中で猛威を振るっているコロナ禍の影響で、今秋の応用物理学会秋季学術講演会はオンラインにて開催されます。

2020年(令和2年)秋季学術講演会
https://meeting.jsap.or.jp/

日程
2020年9月8日(火)?11日(金)
場所
オンライン(Zoom ウェビナー)

第81回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン)への参加申し込み
https://meeting.jsap.or.jp/registration

シンポジウムのプログラムリストは下記にて閲覧いただけます。
(1)分科別日程表
https://meeting.jsap.or.jp/jsapm/wp-content/uploads/2020/07/2020a_Schedule-by-Category.pdf

(2)会場(ウェビナー内会議室番号)別日程表
https://meeting.jsap.or.jp/jsapm/wp-content/uploads/2020/07/2020a_Schedule-by-Room.pdf

(3)最終版全体プログラム
https://meeting.jsap.or.jp/jsapm/wp-content/uploads/2020/08/2020a_final-program.pdf

弊社プネウム(株)もスポンサー企業として、オンライン展示会に参加いたします。シンポジウムやセッションの合い間に是非ご覧いただきたく、ご関心をお持ちの製品がありましたら、是非、クリックをお願いいたします。オンライン展示会では、下記の製品を紹介いたしております。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Laser Quantum社 VENTEONシリーズ: チタンサファイア・オシレーター

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

超短パルスレーザー

フェムト秒領域venteonレーザーは、超短パルスレーザー技術によりパルス幅:<5フェムト秒(フーリエ変換限界)・帯域幅:最大380nm・平均出力:最大900mWを実現しています。<5フェムト秒というパルス幅は、市販のレーザーの中では最も短いです。コンパクト・モノシリック設計で、励起光の低閾値での発振が可能であり、内部に励起レーザーを搭載しています。長寿命・高信頼性・高堅牢性を兼ね備えた製品です。

特長
・数サイクルフェムト秒パルス
・ユーザーによる介入は最小限で、安定したパフォーマンスを実現
・フーリエ変換限界に近い最短パルスの測定が可能
・広帯域スペクトル帯域幅の市販提供
・励起レーザー内蔵

https://www.pneum.co.jp/product/laserquantum-venteon/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Laser Quantum社 OPUS: CW・DPSSレーザー(6W@532nm, 1.5W@660nm,10W@1064nm)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Laser Quantum社の最も人気が高いレーザーの一つであるopusは532nm, 660nm,1064nmでご利用いただけます。Laser Quantum社の特許取得済みのデザインに基づいて、opusはその高出力、優れたビーム特性および小型サイズで知られています。opus532は理想的なポンプ光源としてウルトラファースト・レーザーに適しており、opus532とopus660の両方が超解像顕微鏡-アプリケーションに最適です。

特長
・532nm 6Wまで
・660nm 1.5Wまで
・1064nm 10Wまで
・非常に堅牢でコンパクト
・要求が厳しいアプリケーションに対応できる低ノイズ性能

https://www.pneum.co.jp/product/laserquantum-opus/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

FASTLITE社 多重オクターブスペクトラムアナライザー Mozza 1-5:
赤外パルス光(波長1~5μm = 2000~10000cm^-1, 0.5pJ/5cm^-1)分光器、分解能5cm^-1

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

Mozza製品は、操作が容易なターンキー型・波長スキャニング分光器で、パルス化された赤外光源のスペクトル測定に最適です。繰り返し周波数は、下記のように数HzからマルチkHzまで対応します。

特長
・フェムト秒発振器【イッテルビウム(Yb)、ツリウム(Tm)、クロム(Cr)など】
・フェムト秒パルスのOPA(シグナル光出力・アイドラー光出力・差周波発生時の出力)
・超広帯域パルスのOPCPA

https://www.pneum.co.jp/product/fastlite-mozza/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

COBOLT社 08-01シリーズ: 狭線幅・半導体レーザー/DPSSレーザー
(405nm, 785nm, 457nm, 等)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

小型狭線幅CWレーザー

Cobolt社製の08-01シリーズは、最大出力500mW、405 nm?1064 nmの固定波長範囲で動作する狭線幅CWレーザーで、ダイオード励起レーザー(DPL)とNLD(周波数安定化ダイオードレーザー)があります。08-01シリーズレーザーは、最高の信頼性を保証するように設計及び製造されています。

特長
・CW(連続発振)出力が最大400mWの単一周波数ダイオード励起レーザー(DPL)及び狭線幅ダイオードレーザー(NLD)
・高スペクトル安定性と低ドリフト特性
・高サイドモード抑圧比(SMSR)を維持するために、スペクトル解析フィルタを搭載
・アイソレーター搭載:光学フィードバックの影響なし
・高堅牢性の密閉筺体 及び 現場で実証済みの高信頼性
・対応波長:405nm, 457nm, 473nm, 515nm, 532nm, 561nm, 633nm, 660nm,785nm, 1064nm

https://www.pneum.co.jp/product/cobolt-08series/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

COBOLT社 Rogueシリーズ: 赤640nm、1000mW DPSSレーザー(縦モード・マルチ+横モード・シングル)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

※上記レーザーヘッドに、コントローラーを組み合わせて「一式」。

特長
・波長 640nm
・連続光・最大出力 1W
・スペクトル線幅 <150GHz (200pm)
・出力安定性 <2% peak-peak
・堅牢・完全密閉パッケージ
・TEM00 ビーム

典型的なビームプロファイル

https://hubner-photonics.com/wp-content/uploads/2020/06/D0682-A-Datasheet-Cobolt-Rogue.pdf

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Azurlight Systems社 CW・単一縦モード・ファイバーレーザー&増幅器(MOPA):
赤外シリーズ10W~130W@976nm/1030nm/1064nm、線幅<50KHz

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

主な特徴
・最大130W
・単一周波数
・超低ノイズ
・クラス最高のビーム位置安定性
・非冷却式レーザーヘッド
・メンテナンスフリー 長寿命
・SHGを加えた、可視光タイプもあります。

https://www.pneum.co.jp/product/azurlightsystems-cw-ir/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Spark Lasers社 DIADEM: ファイバーレーザー、パルス幅・可変(400fs~10ps)、
出力10W/20W/30W、波長切替え(IR/GREEN/UV)、シングルショット~2MHz、空冷式

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

(仏国)Spark Lasers社 DIADEMは、フェムト秒(~350fs)からピコ秒(10ps)の間でパルス幅を自由に可変することが可能です。30Wのモデルでは、シングルショット~750kHzのパルス繰り返しにて、パルスエネルギーは40μJを実現しております。M^2値<1.2という高いビーム品質を実現しており、精度の高い微細加工や、バイオメディカル分野ではアプリケーションOPTO-GENETICSにて使用実績があります。外部同期にてゲーティングやバーストモードも可能で、高速出力変調できます。オプションの波長変換モジュールを付け加えますと、PC画面上のソフトウエアGUIで、或いはシリアル通信にて、第二高調波(515nm又は532nm)、第三高調波(343nm又は355nm)へと波長を切替えが可能です。

特長
・ファイバーレーザー 【空冷式】
・出力 10W、20W、30W
・波長 1030nm 又は 1064nm
・(オプション)波長切替え IR / Green / UV
・スペクトル線幅 <10nm
・パルス幅・可変 <400fs ~ 10ps
・繰り返し シングルショット ~ 2MHz(オプション 最大40MHz)

https://www.pneum.co.jp/product/sparklasers-diadem/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Pneum製 BeamCombinerシステム: 共焦点顕微鏡用/フローサイトメーター用
レーザー光源、最大5波長を同軸発振、PC上のGUIで出力可変、高速ON/OFFなど

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

BeamCombiner Type-SはSmallデザインそしてSmartをコンセプトにしたタイプの製品です。特長として小型DPSSレーザーと半導体レーザを組み合わせて搭載し、出力調整がPCにて直接行えます。レーザー内部モニター値がPCソフトに表示され、レーザー出力をPCから直接変更することができます。また、PC画面からの操作で各レーザーを最高24MHzまで超高速モジュレーションを行うことができます。561nmなどの固体レーザは直接変調ができませんが、小型AOM素子を使用することにより、他半導体レーザー同様の変調操作が可能になります。また、外部への同期信号を発生することができるので、顕微鏡のシャッターとの同期が取れます。弊社にてソフト・ハードウェアの開発と、各光学機器の技術統合によりBeamCombiner Type-Sは作られました。

https://www.pneum.co.jp/product/pneum-beamcombiner/

今後ともプネウム株式会社をよろしくお願い致します。

PAGETOP